Crazy Fire ☆☆

ふぃあの航海日誌です。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福島のおばさんから荷物が届いたと昨日電話が来た
茨城はその前
宮城県白石市は土曜日に出して火曜日だから4日か

場所にもよるけど2,3日で届きますね

一応地物で葉がぱりぱりで新鮮そうな野菜と
柑橘類と、ストレス解消のお菓子を入れた

涙が出るわ

と喜んでくれたので良かった。

個人にできる事ってこんなもんだな


今回の事で色々なノウハウとか
個人の限界点、問題点
勉強になりました。

そして今後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ふぃあさんって頭良いよね~

なんてアホな事を言ってくる人もいるが
頭が良い奴が一番非効率な派遣なんぞやらんわ

時間は有限なのに時給っておい

て事で課題は沢山

メールソフトも送信はなぜか出来ないが
受信は出来るようになった

一応さくさくPCも動いているし
やっと少しずつ

某携帯会社の社長じゃないけれど


脳みそが千切れる程頭を使え


うん

ある分だけでも総動員出来るように頑張る

スポンサーサイト
マスコミでは
もう復興へ全力で動いていて、問題は原発だけ
みたいなの多いけど

あの寒い中でみんな被災中だし
あそこの家族の中で息子の遺体だけあがった
とか聞くと

やはり現場はまだまだ痛い痛い痛い

海沿いは家族ごと持って行かれた所が多くて
その中のひとりだけが遺体を確認できたり
確認してくれる親族ごとだったりもするんだろうな

そんな田舎町だもの

テレビで松川浦から磯部まで映していて

本当に何も無くなっていた

父が釣り好きで、松川浦に船を持っていた

地震が来ると、津波が来るからといって沖まで出る為に
急いで出かけて行く事もあった

もう売ってしまって無かったから無事でいられたのかね

という訳で、幼い頃より慣れ親しんだ風景が見事に
瓦礫の惨状と化していました

磯部にいたお姉ちゃん
亘理にいた友人

早いうちに遺体が確認できてよかったね
家族みんな一緒でよかったね

と言ったら、母が
「そういう考え方もあるのか」
とつぶやいた

どれがいいかなんてわからない。

直後におじさんが
「俺ひとりだけ助かったって・・」
と泣きながら歩いているのをみて
たしかにきついなーと思ったけど
それでも助かってよかった、と思うし

松島基地も直後300人と連絡とれず
と言っていたみたいだけど
今は活動拠点となって全力でがんばっているし



野蒜、石巻、気仙沼、矢本、宮古、大船渡
沢山顔が浮かぶけど
連絡をためらってしまっています。

昨日夢に野蒜の人が出てきて
駆け寄りましたが、思わず
「大丈夫だったんですね!ご家族は?」
とか口から出そうになったのを飲み込んだ
「会えてよかった」
とだけ言って手を握った夢


歯を食いしばって頑張っている人もいる一方

「気仙沼で気仙沼ちゃん生きていた!欽ちゃん喜び!だって~
しょーーもなーーーきゃはははは」

と仕事中にネットニュース見て笑っていたおばちゃん
しょーもないと思えるあなたがしょーもない
命があって良かったね!でしょうが

まーね
温度差があるのはわかるけどね
他人事ですしね
遠い所の事だし


ただもう



この人には近寄らないぞ、と・・・・



昨日は支店止めで出荷22個
宮城県へ向けて

母からの電話で佐川が各家庭への配達
(家が残っていてちゃんと住所がわかる家のみ)
を開始したと聞いたので

本日福島と茨城の親戚にも出荷作業

震災直後に仙台に送ったのをあわせると
30個ぐらいか

個人の力はこんなもんね・・・

他にも依頼があれば物資調達から発送までやるけど
現金も底をついたわ


とりあえずとりあえず
出来ることやります


まだ体感が収まらないのがイヤ
年度末でものすごい忙しいのに
集中出来ないし、安心できないわ・・・・


ま、がんばるがんばる

松島基地に並んでたF-2は

水没した機だったんですね><

飛んできたんではないっと
嘘つきました!てか

そうだよね、滑走路がすぐ使えるわけはないよね

何機も泥水にまみれていて

うおおおおおおおおおおおおおおおおおお


と今テレビ見て思ってしまった


ブルーインパルスは無事だったけど
F-2がいたのかあああああああ

勿体無い・・・
いや
なんか

日本にある全機ではないのはわかってるけど

切ないわー


F-2かっこいい・・・・・・・・・

宅配便は支店までなら4日くらいで届きました。
佐川はもうそろそろ各家庭までの配達も復旧しそうだそうです。

私に出来る事
人脈は何かしら出来る
特に技術系業者系に強い
金脈は・・・・・・・・・・・・ナイ;;
ネットワークが必要な事なら何かしら出来ます。


デリカシーと言っていた人がいて

今回やっぱりすごく考えさせられた。

気遣ってくれるのは分かる。
心配してくれているのは分かる。
でも

気遣いの仕方、心配の仕方

「大丈夫?」

大丈夫な訳は無い。
生き死にを聞かれたのか?これは?
もちろん、即答出来なかった。

「何か出来ることがあったら言ってね!」

本当に何かしようと思う気持ちがあるのなら
出来る事を言って欲しい。
お金の問題、ガソリンの問題
それさえ何とかなれば食べ物や飲み物、暖を取るものを
何とか届ける事が出来る

だから社交辞令なのだな、と捉えてしまった

悪気が無いのはわかる
しかも、それほど懇意にしている間柄じゃないのも分かってる

でも本当に友人知人が何人も亡くなり
現在も被災中の人が沢山いる
うちもそうだし、物資の不足という点ではかなり広範囲に及ぶ

私は現在遠く避難しているとはいえ、
余震で家が完全崩壊するのでは・・心身共にだいぶ疲れが溜まっているのでは・・
電気は復旧したみたいだけど、水も食べ物もガソリンも足りていないわけだし・・
地震体感も今朝からまた強くなっているし
ただでさえ心配と、自分に出来る事を何とか頑張って
昼休みや休憩を使って色々と手配したりと
一分一秒を過ごしているのに
社交辞令に笑顔で返す労力が

無駄に思えてきてしまう・・・・・・


被災地にいたり、避難所の人を思えば
何でもない事、と言い聞かせて頑張っていますが


本当に気を使ってくれている人は
無駄に状況を聞いたり「大変ね」などとは言わず
出来る事をやってくれたり
こちらからの依頼をじっと待ってくれている

ネットは別だな
何でだろう
ネット上でメールで連絡が取れたときどんなに嬉しかったか
毎日顔を合わせている訳でもないのに気にしてくれていた事が嬉しかったのか
そうだな
そうかもしれない


あ、ちなみにこれは被災地域とは関係のない場所で
しかも友人でもなく知人や会社関係者の話です。
発端は震災直後の月曜にあるステージのチケットを取っていたのですが
さすがにキャンセルしようと電話をしたら
「ご家族は大丈夫だったんでしょ?ふぃあも大丈夫なんだよねぇ?」
と言われた事です。
必死で代わりに行ける人を探しましたよ。

ええ
舞台人ですもの
7列目ど真ん中を空席にするのがどんなに失礼な事かわかっています
そして誰も行きたい人も行ける人もいなくて
結局私が行きました。
「大丈夫?大変だったねーでも何も出来ないもんねー」
という言葉の中
耐えました。

あと会社では毎日のように
「お母さんちゃんとごはん食べれてるの?」
「また大きいのあったね~今朝9時ごろ」
とか・・・・・・・・・・


トリアージ
するべきね


同じ「大丈夫?」でも
顔、声、オーラで社交辞令かそうじゃないかが
わかるなーと思ったの。

思慮の深さ浅さ、その人が

今回はっきりわかったなーと思って



ごめん、愚痴った・・・・・・・・・・・・・・


わかってる。よくわかってる。
何かをしてほしかったわけじゃない。
ただ
自分が同じ立場になったら気をつけようと
自分に関係がなくても出来るだけの事をしようと
その為にも頑張って力をつけようと
思った

情報が遅いかもしれないけど

津波の後、ニュースで

松島基地で全機水没!

って言っていたので、ブルーインパルス
そしてパイロットはもうだめか・・・と思っていたんだけど

なんと

たまたま他に行っていて無事だったそうだ!!!!

予備の1機だけは水没したらしいですが

よかった・・・本当によかった・・・・

ブルーインパルスはまた作れても、
パイロットは宝です!
そんな記事がちっさーーーく載ってたと
知人が教えてくれました。

その時のニュースでは松島基地に
ファイティングファルコンが何機か並んでいて
米軍が空母から飛んできたのか???
それともF-2が水没したのか??飛んできたのか??

と、ひとりであれこれ考えておりましたが

F-2だったみたいですね。
水没ではなく飛んできたみたいです。

不謹慎ですいません

かっこいいいいいいいい

と思ってしまいました。

ごめん
この1週間でおよそ30万円を使いました。

貧乏人にはつらいです。

しかし、こういう時だからこそ生きるお金だと思っております。
ガソリンがないので実家に何もは届ける事が出来ませんでしたが、今後の為のものの準備と
被災して避難している人への物資輸送と
(佐川急便は仙台店留めでなら配送できたんです。3日くらいかかりましたけど)
でも仙台市内よりも津波の被災地がやぱりまだまだ酷いですね

そして、その物資を現地の元上司が友人に届けてくれたり
地域で配ってくれたり
避難所にいる人におじいちゃんの家をとりあえず提供したり

様々なネットワーク、人の心
久しぶりに心が感動を覚えました

さすがにガソリンは入れ物が品切れで無理でしたが、
大型タンクローリーとガソリンスタンドで危険物持っている人、運転手の手配までは出来たんです!!!




ただ




あのでかいタンクを満たす為の資金が私にはありませんでした。
借金もできませんでした。
ざっと計算して100万以上


その瞬間を生き延びたら今度は大量のお金が必要になるんですね
出せるだけのお金は出したので海外に行く資金はなくなりましたが
生きているのですから!!!!
これからいくらでも挽回できます!

しかも時給やサラリーマンの限界を見たので
やっぱり私は企業していざという時のために頑張って
資金を、人脈を作っていきます。

ダンスと歌はどうせ筋断裂からリハビリの最中だし
しばらくは頭を働かせてアイディア考えます

一番被害のひどい所はななか支援の手が行き届かないと思います

しかも、父が電話で
『とにかく寒いが車で暖を取ることも出来ない』
と行っていたので、マスコミに惑わされず
想像力とアイディアと実行力

お金さえあればああああああああああああああああああああああ


家が半壊したものの家族全員無事でした。

ただ、相馬市の海沿いに嫁に行っていた親戚のお姉ちゃんが
一昨日遺体で見つかりました。

彼女の他の家族はまだみつかっておりません。

早くにひとりでも確認出来たことでなんというか
極度に心配し続ける状態ではなくなったというか
・・・・幼い頃ずっと面倒見てもらっていたのでふと
思い出して思い出して涙が出ます。

今も家族を探して居てもたってもいられない人が沢山いる事を思うと
苦しくてしょうがないです。

私は地震に関してはPTSDでパニック障害を持っておりますので
ここの所ずっと睡眠導入剤を頼っておりますが、元気です。

目玉亭には東北在住、出身者が多かったので
ものすごく心配しております。

スカイプつけられるようになったらいいなー


PCも早い復帰を目指します。


心配してメールをいただいた方、ありがとう

これからが大変なので、がんばりますね!!!!!!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。